知らないと後悔する着付け教室の話

ネット上の口コミや評判だけでは分からない『失敗しない着付け教室の探し方』

小紋の着物

ネット上の口コミや評判だけでは分からない『着付け教室探しのコツ』

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を『きものカルチャー研究所』がご紹介します。

色留袖

良心的な着付け教室とは?

教室の赤字を着物販売で回収する仕組みにしない

押し売りのある着付け教室と押し売りのない着付け教室の違いとは? 押し売りのない着付け教室にはいくつかの特徴があります。 例えば、着付け講師に販売ノルマがないこと。(厳しいノルマが課されると郵便局員でも保険の押し売りを行ってしまうことが明らかになっています) また、授業中に販売会を開催せず、販売会への参加を強制しないことも、押し売りを防止するための具体的な施策です。 ノルマや強制参加の販売会に依存しない仕組みが大切 このような教室運営を実現するためには、ある一つの条件が必要になります。 それは、着付け教室の ...

続きを読む

色留袖

良心的な着付け教室とは?

月謝や認定料以外にも必要な料金は事前に公開

何にいくらかかるのか?ホームページで公開することが必要 次から次へと必要な料金を徴収されたり、後から法外な料金を請求されたりするトラブルを避けるためには、何にいくらかかるのか?必要な料金をホームページに分かりやすく公開することが大切です。 上記は高額なお免状代や特殊な着付け小物の代金を請求されたトラブル事例についての解説記事ですが、このような料金以外にも必要な料金があれば、事前に伝えておく必要があるでしょう。 お出かけなどのイベントに参加必須の場合は、参加費も事前に公開 着物でのお出かけの場合、ホテルや料 ...

続きを読む

色留袖

良心的な着付け教室とは?

着付け講師のノルマをなくせば、強引な販売がなくなる

強引に販売せざるを得ない環境(厳しいノルマ)が押し売りを生み出す 郵便局でも保険の押し売りが起きている NHKのクローズアップ現代には郵便局員から押し売りに関する多くの内部告発が寄せられており、日本全国の郵便局で保険の押し売りが社会問題となっているようです。 郵便局が保険の“不適正”営業を行っているという声が番組に寄せられた。私たちは実態を探るためSNSで情報提供を呼びかけたところ、消費者のみならず、郵便局関係者からも300件以上の情報が集まった。「保険を預金と誤認させる」「親族が同席しないように誘導する ...

続きを読む

色留袖

良心的な着付け教室とは?

コーディネート体験会など授業と称した販売会へ生徒を強制参加させない

買いたくない人を販売会に強制参加させるから「押し売り」につながる 無料やワンコインの着付け教室は最初にかかる費用が安く通いやすいため、テレビCMやチラシなどの広告を見て気軽に入学する方が多いのが特徴です。 参加必須の販売会が押し売りトラブルの引き金に しかし、気軽に入学できる一方で、授業のカリキュラムに参加必須のセミナーやコーディネート体験会と称した販売会が組み込まれている場合、買いたくない人も必ず販売会に参加しなければなりません。 「押し売りはしません」と宣言するだけでは解決しない問題 実は、押し売りの ...

続きを読む

色留袖

着付け教室探しのコツ

授業の中に販売会が組み込まれている着付け教室

着付け教室のカリキュラムに参加必須の「販売会」がある!? 最近の着付け教室は5~10回程度の短期間のコースが主流になりつつあります。 短期間で学べることは消費者にとって決して悪いことではありませんが、全くの初心者が数回の授業できれいに着られるかどうかは、授業の内容や講師のレベル次第です。 短期間のコースなのに、授業と称した販売会が2回もあるケースも 5~6回の授業のうち1回が販売会のケースや、10回程度の授業のうち2回が販売会のケースなど、セミナーやコーディネート講座といった名前で販売会が授業に組み込まれ ...

続きを読む

色留袖

着付け教室探しのコツ

グループレッスンと個別指導のどちらの着付け教室を選ぶ?

分からないことが聞けないまま、授業がどんどん進んでしまう不安 グループレッスンと個別指導の着付け教室には、どちらにもメリットがあります。 グループレッスンの場合は月謝が無料やワンコイン(1回500円)で受けられることが最大のメリットです。 しかし、授業の進み方は全員共通であり、授業の回数も数回程度と限られているため、一人だけ復習をお願いしたり、授業を中断して分からないところを教えてもらうことはできません。 個別指導は自分の理解度や技術レベルに応じて指導が受けられる 個別指導の場合は、自分の理解度や技術レベ ...

続きを読む

色留袖

着付け教室探しのコツ

着付け教室の比較は難しい!?比較サイトで簡単に比べられない理由

着付け教室は飲食店や家電製品のように何度も試せない 食べログや価格.comのように、飲食店や家電製品の場合、一人で何種類ものお店や商品を試すことができ、店舗同士や商品同士の比較も容易です。 しかし、着付け教室の場合は一人でいくつもの教室を試して比べることは難しく、着付け教室の探し方も簡単ではありません。 気に入った着付け教室があれば、そこに通い続ける 飲食店の場合は、今日はフランス料理、明日は和食といったように、毎日いろいろなジャンルの食事を試すことができますし、毎日同じお店では飽きることもあります。 一 ...

続きを読む

訪問着

トラブル解説

高額なお免状代を請求されたり、知らされていない費用がかかる

「事前にいくらお金がかかるのか分からない」という不安 着付けを習ってみたくても、着付け教室に通うのをためらうのは「事前にいくらお金がかかるのかわからない」からではないでしょうか。 必要のない着付け小物や特殊な着付け小物を買わせる例も 相手が何も分からない初心者なのをいいことに、本来必要のない着付け小物を買わせたり、その着付け教室だけでしか使わない特殊な着付け小物を買わせたりする例もあれば、いろいろな口実をつけて、様々な料金を徴収する例もあります。 後に引けない段階になって高額なお免状代を請求される 順調に ...

続きを読む

訪問着

トラブル解説

着物にケチをつけられたり、買わないと態度が変わる理由

なぜ、着付け教室で嫌な思いをするのか? 押し売りは着付け教室での主なトラブルですが、実際に着物を買わされなくても、嫌な思いをする場合があります。 生徒の着物にケチをつけたり、嫌味を言ったりする理由 「この着物は時代遅れで、今はこんなものは着ない」 これから着物の勉強を始めようという時に、着付け講師からこのような嫌味を言われるのは本当に悲しいものです。着付け教室に通おうと思った時のワクワクした気持ちはあっという間に消え去ってしまい、後には嫌な気持ちしか残りません。 親切心ではなく、新しい着物を買ってもらうた ...

続きを読む

黒留袖

トラブル解説

セミナーや展示会・販売会への参加を強制される

授業の一環としてセミナーと称した販売会がある着付け教室も 無料の着付け教室に限らず、着付け教室の中には、授業の中にコーディネート体験やセミナーと称する販売会や展示会への参加が組み込まれているところもあります。 これは授業のカリキュラムの一部なので、参加することが前提となっており、気軽に欠席することはできません。 参加するよう何度も説得され、しつこく勧誘の電話がくる場合も もし講師に欠席の意思を伝えると、参加するよう何度も説得され、しつように勧誘の電話がかかってくることもあるほどです。 着付けを教えることよ ...

続きを読む

こんな失敗談・経験談も

  • 複数の着付け教室やきもの学院に通った方の失敗談
  • トラブルに巻き込まれながらも着物が好きで講師にまでなった方の実体験
  • 数十年にわたって着付け教室を運営する中で学んだことや気づき
訪問着

失敗談・体験談

特殊な小物を買わされ、知りたい着方を教わるまでに1年かかる

月謝や進級費などを聞いても教えてもらえず、高額になる費用に不安も ネットがそれほど普及していない時代でしたので、駅で配っていたハガキの入会料金を見て入学を決めました。 自分の着付け小物があるのに、お揃 ...

訪問着

失敗談・体験談

講師になってからもお揃いの色無地と帯を買わされる

雑貨や化粧品などもノルマを課され、売れないと自分の負担に ※この体験談は下記の記事の続きです。 講師認定を取るまでに5年。相当な学費を払い、着物も買わされた 技術としては中途半端な感じがしたので、結局 ...

訪問着

失敗談・体験談

強制的に売りつける販売の仕方は着物ファンを余計に減らす要因

着物学院を辞めた後、着付け講師の仕事を再開するに至った理由 ※この体験談は下記の記事の続きです。 仕事の都合で関東から関西に引っ越すことになり、以前の着物学院を辞めました。 1〜2年は全く着物を着ず過 ...

訪問着

失敗談・体験談

1時間以上かけて通学してくださる方や他県から通学される方も

数々のトラブルを受けた過去を教訓に、押しつけない授業を ※この体験談は下記の記事の続きです。 自宅で着付け教室を始めてからは、生徒さんが過去に通った着付け教室での出来事やトラブルなど、いろいろな話を聞 ...

比較サイトやおすすめサイトのランキングに載っていれば安心!?

今、着付け教室を探そうと思えば、比較サイトやおすすめサイトのランキングといった情報をいくらでも目にします。

記事と見分けがつかない広告(ステルスマーケティング)に注意!

しかし、それらの情報の中には間違った情報もあれば、記事を装った広告(いわゆるステルスマーケティング)もあり、着付け教室に通ったことのない人にはどの情報を信じるのがよいのか分かりにくく、判断も難しいのが現実です。

色留袖

着付け教室探しのコツ

授業の中に販売会が組み込まれている着付け教室

着付け教室のカリキュラムに参加必須の「販売会」がある!? 最近の着付け教室は5~10回程度の短期間のコースが主流になりつつあります。 短期間で学べることは消費者にとって決して悪いことではありませんが、 ...

色留袖

着付け教室探しのコツ

グループレッスンと個別指導のどちらの着付け教室を選ぶ?

分からないことが聞けないまま、授業がどんどん進んでしまう不安 グループレッスンと個別指導の着付け教室には、どちらにもメリットがあります。 グループレッスンの場合は月謝が無料やワンコイン(1回500円) ...

色留袖

着付け教室探しのコツ

着付け教室の比較は難しい!?比較サイトで簡単に比べられない理由

着付け教室は飲食店や家電製品のように何度も試せない 食べログや価格.comのように、飲食店や家電製品の場合、一人で何種類ものお店や商品を試すことができ、店舗同士や商品同士の比較も容易です。 しかし、着 ...

訪問着

着付け教室探しのコツ

無料じゃないから安心!?ワンコイン(500円)の着付け教室

なぜワンコイン(500円)で着付け教室に通えるのか? 近年、無料の着付け教室の代わりにワンコイン(500円)の着付け教室の数が増えています。 1回500円という低価格は消費者にとって魅力的ですが、この ...

訪問着

着付け教室探しのコツ

口コミサイトや比較サイトのランキングの問題点

中立的な第三者になりすました広告「ステルスマーケティング」 着付け教室を探そうと思った方は、一度は比較サイトや口コミサイトをご覧になったことがあるかと思います。 しかし、一見中立的かつ公平に見える記事 ...

訪問着

着付け教室探しのコツ

入学すると浴衣や帯が無料でもらえる着付け教室

「今なら入学者全員に浴衣をプレゼント!」が可能な理由 「今なら入学者全員に浴衣をプレゼント!」のような特典には非常に大きな魅力がありますので、着付け教室の入学特典に使われる場合があります。 「もらわな ...

なぜ着付け教室で押し売りが起こるのか?そのカラクリを解説

「着付け教室での押し売り」は国民生活センターにも多くの相談が寄せられるトラブル事例です。

数十年にわたって着付け教室を運営してきたからこそ分かるトラブルの原因

「押し売り」が起こる原因やその他のトラブルについて、数十年にわたって着付け教室を運営し、呉服業界を見続けてきた経験をもとにお伝えします。

訪問着

トラブル解説

高額なお免状代を請求されたり、知らされていない費用がかかる

「事前にいくらお金がかかるのか分からない」という不安 着付けを習ってみたくても、着付け教室に通うのをためらうのは「事前にいくらお金がかかるのかわからない」からではないでしょうか。 必要のない着付け小物 ...

訪問着

トラブル解説

着物にケチをつけられたり、買わないと態度が変わる理由

なぜ、着付け教室で嫌な思いをするのか? 押し売りは着付け教室での主なトラブルですが、実際に着物を買わされなくても、嫌な思いをする場合があります。 生徒の着物にケチをつけたり、嫌味を言ったりする理由 「 ...

黒留袖

トラブル解説

セミナーや展示会・販売会への参加を強制される

授業の一環としてセミナーと称した販売会がある着付け教室も 無料の着付け教室に限らず、着付け教室の中には、授業の中にコーディネート体験やセミナーと称する販売会や展示会への参加が組み込まれているところもあ ...

訪問着

トラブル解説

なぜ着付け教室で押し売りが起こるのか?

ホームページやチラシに「押し売りはしない」と書いてあれば安心!? 着付け教室での押し売りは国民生活センターにも多くの相談が寄せられているトラブル事例です。 事前に「売り込みはしない」との説明があったの ...

素晴らしい理念や理想を掲げている着付け教室なら大丈夫!?

世の中の着付け教室はどの教室も立派な理念を掲げています。

しかし、どんなにすばらしい理念や理想を掲げていたとしても、担当者が生徒のことよりも自分(=企業や生産者・売り手)の都合を優先してしまえば、結局は押し売りにつながってしまいます。

誰もが安心して楽しく通える「良心的な着付け教室の条件」とは?

売り手の都合優先の着付け教室と良心的な着付け教室の違いはどこから生まれてくるのでしょうか?

理念や理想だけではなく、着付け教室の具体的な運営方法に注目すると、その違いが分かります。

色留袖

良心的な着付け教室とは?

教室の赤字を着物販売で回収する仕組みにしない

押し売りのある着付け教室と押し売りのない着付け教室の違いとは? 押し売りのない着付け教室にはいくつかの特徴があります。 例えば、着付け講師に販売ノルマがないこと。(厳しいノルマが課されると郵便局員でも ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

月謝や認定料以外にも必要な料金は事前に公開

何にいくらかかるのか?ホームページで公開することが必要 次から次へと必要な料金を徴収されたり、後から法外な料金を請求されたりするトラブルを避けるためには、何にいくらかかるのか?必要な料金をホームページ ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

着付け講師のノルマをなくせば、強引な販売がなくなる

強引に販売せざるを得ない環境(厳しいノルマ)が押し売りを生み出す 郵便局でも保険の押し売りが起きている NHKのクローズアップ現代には郵便局員から押し売りに関する多くの内部告発が寄せられており、日本全 ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

コーディネート体験会など授業と称した販売会へ生徒を強制参加させない

買いたくない人を販売会に強制参加させるから「押し売り」につながる 無料やワンコインの着付け教室は最初にかかる費用が安く通いやすいため、テレビCMやチラシなどの広告を見て気軽に入学する方が多いのが特徴で ...

Copyright© 知らないと後悔する着付け教室の話 , 2019 All Rights Reserved.