知らないと後悔する着付け教室の話

ネット上の口コミや評判だけでは分からない『失敗しない着付け教室の探し方』

きものカルチャー研究所の記事

訪問着

失敗談・体験談

特殊な小物を買わされ、知りたい着方を教わるまでに1年かかる

月謝や進級費などを聞いても教えてもらえず、高額になる費用に不安も ネットがそれほど普及していない時代でしたので、駅で配っていたハガキの入会料金を見て入学を決めました。 自分の着付け小物があるのに、お揃 ...

訪問着

失敗談・体験談

講師になってからもお揃いの色無地と帯を買わされる

雑貨や化粧品などもノルマを課され、売れないと自分の負担に ※この体験談は下記の記事の続きです。 講師認定を取るまでに5年。相当な学費を払い、着物も買わされた 技術としては中途半端な感じがしたので、結局 ...

訪問着

失敗談・体験談

強制的に売りつける販売の仕方は着物ファンを余計に減らす要因

着物学院を辞めた後、着付け講師の仕事を再開するに至った理由 ※この体験談は下記の記事の続きです。 仕事の都合で関東から関西に引っ越すことになり、以前の着物学院を辞めました。 1〜2年は全く着物を着ず過 ...

訪問着

失敗談・体験談

1時間以上かけて通学してくださる方や他県から通学される方も

数々のトラブルを受けた過去を教訓に、押しつけない授業を ※この体験談は下記の記事の続きです。 自宅で着付け教室を始めてからは、生徒さんが過去に通った着付け教室での出来事やトラブルなど、いろいろな話を聞 ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

教室の赤字を着物販売で回収する仕組みにしない

押し売りのある着付け教室と押し売りのない着付け教室の違いとは? 押し売りのない着付け教室にはいくつかの特徴があります。 例えば、着付け講師に販売ノルマがないこと。(厳しいノルマが課されると郵便局員でも ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

月謝や認定料以外にも必要な料金は事前に公開

何にいくらかかるのか?ホームページで公開することが必要 次から次へと必要な料金を徴収されたり、後から法外な料金を請求されたりするトラブルを避けるためには、何にいくらかかるのか?必要な料金をホームページ ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

着付け講師のノルマをなくせば、強引な販売がなくなる

強引に販売せざるを得ない環境(厳しいノルマ)が押し売りを生み出す 郵便局でも保険の押し売りが起きている NHKのクローズアップ現代には郵便局員から押し売りに関する多くの内部告発が寄せられており、日本全 ...

色留袖

良心的な着付け教室とは?

コーディネート体験会など授業と称した販売会へ生徒を強制参加させない

買いたくない人を販売会に強制参加させるから「押し売り」につながる 無料やワンコインの着付け教室は最初にかかる費用が安く通いやすいため、テレビCMやチラシなどの広告を見て気軽に入学する方が多いのが特徴で ...

色留袖

着付け教室探しのコツ

授業の中に販売会が組み込まれている着付け教室

着付け教室のカリキュラムに参加必須の「販売会」がある!? 最近の着付け教室は5~10回程度の短期間のコースが主流になりつつあります。 短期間で学べることは消費者にとって決して悪いことではありませんが、 ...

色留袖

着付け教室探しのコツ

グループレッスンと個別指導のどちらの着付け教室を選ぶ?

分からないことが聞けないまま、授業がどんどん進んでしまう不安 グループレッスンと個別指導の着付け教室には、どちらにもメリットがあります。 グループレッスンの場合は月謝が無料やワンコイン(1回500円) ...

Copyright© 知らないと後悔する着付け教室の話 , 2019 All Rights Reserved.